生活

ジョブズのようにいつも同じ服を着たい、それもおしゃれに

ジョブズのようにいつも同じ服を着たい、それもおしゃれに。

だから、考えた。少し、実践もしている。

下半身はユニクロのスウェット、黒系だが、まんま黒だとホコリや毛玉が目立つので、グレー。
靴は、黒系のスニーカーか、革靴、まあスニーカーよりもドレスを意識して革靴がいいのかもしれない。
または、革靴風のやつ。
靴は黒くても大丈夫だと思う。買ったときに防水スプレーでコーティングすると良いらしい。
シリコン系は避ける、通気性を失わないようにフッ素系を使う。
夏はドライ素材、冬はブロックテックのような防風素材のすれば良い。
スウェットに限定しなくてもよいが、今の流行りが細身のパンツなので、丈直したりとか面倒くささもないし、スウェットのシルエット良い。

上半身は、ユニクロのイージーケアコンフォートシャツがオールシーズンで着れると思った。
下には、機能性の肌着を着ても良い。白ワイシャツには、ベージュのインナーが透けなくて見た目にはベストだと思う。
こちらも黒は避ける、ホコリとか、フケとか浮いてたらやだし。
白が爽やかでいいけど、汚れることとか考えるとこれはブルーあたりが良いのかも。
パンツよりも明るめのグレーもまあ行けるか。でもちょっと暗い?秋冬にはいいかも。

結果全部ユニクロになっているが、まあ全部ユニクロで良い。
ジョブズは同じ服を何着も揃えてローテーションしていたようだし、同じ服を何着か買うなら安いほうが良いだろう。

しかし、好きなブランドがあれば、もちろんそこに絞っても構わないだろう。というか、自分の身の丈に合わせた値段のものを着ればいいだけだ。

さて、色々と考えてはみたものの、これは実践してみないと実際のところメリットだけでなく、どんなデメリット、不便があるかわからない。
今は上着もいらない季節だし、秋冬はまた全然違ってくるに違いない。

最近は音楽のライブに行くことも増えて、そういうアクティブなときはやはりワイシャツでなくTシャツになるわけだ。
スポーツのときはスポーツの格好だし、そういうところはきっちりと分けて考えなければならない。

-生活

Copyright© genzai.info ゲンザイ.インフォ , 2020 All Rights Reserved.