健康

首吊り自殺の失敗談。リストカットもあるよ。自殺は辞めて、心の病気は治療しよう。メンタルヘルスは心療内科や精神科を受診しましょう。

投稿日:

今回は首吊り自殺の失敗談を書いていきます。

まず、なぜ失敗したのかを書きます。縄が切れました。

頑丈なロープを用意せずに衝動的に布製のベルトで首を吊った結果、体重に耐えきれずに途中で切れてしまったようです。
縄というか、紐ですね。
恐らく、そんなに長い時間をかけずに、布がほつれるようにして千切れていったのではないでしょうか。
縄に首をかけて、足場を崩して足を地面から離すときには、すでに意識がない状態で、気づいたときには紐が切れているという状態だったので、
当然、時間など測っていないし、時間の感覚もないような状態だったので、どうやって紐が切れていったのかは分かりません。

そもそも、ベルトをつなげていた場所もカーテンレールという強度の低い場所だったので、
紐が切れなかった場合でも、中途半端な状態でカーテンレールのほうが壁から外れて失敗していたかもしれません。

もし中途半端に失敗すれば重度の障害が残った可能性もあります。
そう考えると非常に怖いです。

さて、紐が切れて失敗した後にどうしたかと言えば、その段階ではまだ意識としては頭がフラフラの状態でしたが、
「自殺を失敗してしまった。じゃあもう今日は辞めて置こう」とはならないわけです。

もう一回やらないと、何としても死ななくてはならない。という気持ちが残っているわけです。

そこで、今度はタオルで輪っかをつくり、メタルラックの上部に引っ掛けて座ったような状態で首吊りをしようとします。
意識が朦朧としていて体力も気力もないのか、改めて足がつかないような高い位置に紐をかけるような事は考えなかったようです。

それでどうなったかというと、今度はメタルラックが倒れて失敗です。
意識がなくなってから目が覚めて、その状況に気付きます。
それを二回ほど繰り返して、ようやく首吊りでは死ねないと思い始めるわけです。
まず、最初の段階以上の段取りはできないだろうと半ば絶望的になり、
しかし、「早く死ななくてはならない」と思っている状態です。

頭が働いてないせいではあると思いますが、その後は「手首を切って死ねばいいんだ」と方法・手段を変えます。
しかし、実は首吊りに関してはある程度事前に下調べをしていたわけですが、手首を切って死ぬ方法など分かりません。
元々、自傷癖のあるリストカッターではなかったので、手首を浅く切ったこともありません。

漫画やテレビで見た情景が頭に浮かんだのでしょうが、とりあえず風呂場にいって、湯船に水を入れます。
手首を切って水につければ止血できずに失血死するに違いないと思ったのでしょう。
正確には水でなくお湯を入れたような気がしますが、定かではありません。

さて、ではどうやって手首を切りましょう。
包丁を持ち出す勇気はなかったようです。風呂場にある少し錆びた安全かみそりを使って手首に当ててみました。

物事は初めが肝心です。思い切って力を入れて横一閃に引いてみました。
と、言いたいところですが、血がドバドバ出るようには切れませんでした。
かみそりのせいなのか、力が足りないのか、分かりませんが、5・6回かみそりで利き手を使って、
反対の手首を切ってみましたが、血はダラダラと垂れてはきませんでした。
皮膚の数ミリは切れて皮膚が裂けているのは見えますが、血は滲んでくるような感じで、吹き出したり、垂れてきたりはしませんでした。

私は、そこでようやく「ああ、もうだめだ。自分は死ねないんだ。」と思いました。

「死ぬべきではない。」と感じました。

いや、「死にたくない」と思った。

自殺未遂をしてしまうほど「死にたい」と思っていても、
本心としては「死にたくない」。
本当は死にたくないんです。

でも、どうしようもなく死にたくなる理由がある。
それをどうにかしなくてはならない。
私は、自分一人ではどうにもならなかったから自殺未遂をしたのだと思います。

原因を完全に取り除けなくても、誰かに相談してみることで、解決できることがあるかもしれない。
私は、少なくとも自殺未遂を繰り返さないようにはできました。

心療内科に行って、相談して、薬も処方してもらいました。
一人で行くのも辛いと思います、誰かに相談できればよいのですが……。

リストカットの後は10年以上経った今も残っています。
後が残って数年は引きこもるほど気になったし、今でもなるべく隠すようにしています。
傷をつけた当初は、見た目には赤い傷が無数に走っていて、結構ショッキングなものでした。

首吊りによる後遺症は現在はありませんが、失敗の仕方によっては障害が残ることもあり得たと思います。
だから、やらないほうがいいんですよ。

ちょっと長くなったので今回はここまで。機会があれば自殺未遂に至った経緯なんかもまとめてみようかと思います。

首吊り自殺の失敗談。リストカットもあるよ。自殺は辞めて、心の病気は治療しよう。メンタルヘルスは心療内科や精神科を受診しましょう。
というお話でした。

-健康

Copyright© genzai.info ゲンザイ.インフォ , 2019 All Rights Reserved.