未分類

読書よりも映画見た方が楽だし、どうせ本を読むなら勉強したほうが良い

読書は楽しい。それはいいけど、当たり外れもあるし、そもそも読んでない本沢山あるでしょ?
時間潰すなり、ちょっとした娯楽なら映画レンタルして見たほうがいいよ。
今はネット配信とかいくらでもあるし。映画はそうそう外さないでしょう、ネットの情報頼りにして決めるも良し。
読書はなんか地味だし、電車でも読めるし。

でもそんなの関係ないね。

今は読書の話をする時間です。

だから勉強するための読書をするわけですよ。夏は。家で。
図書館行ってもいいよ。暑い中ご苦労様。

勉強は一番大切なことですよ。どんな本を読んでも勉強になるかっていうと違う。
でも可能性は残る。勉強になる可能性は残る。勉強ってそもそも何かっていうと、わからない。
「あした」に繋がる何かを手に入れるのが勉強ならば、どんな本を読んでも勉強になる。

人生を好転させるきっかけ、それはどんな本にあるかは分からない。人それぞれ。
運みたいなもので、例えばたまたま本屋で手にとった本を立ち読みしたことで、バタフライ・エフェクト的に玉の輿に乗れるかもしれない。
それは本の内容に関係のないことでも起こる。世の中は不思議に溢れているから。
偶然の奇跡でビューティフルライフが得られる。でもそれって読書に限らない。人生は勉強の毎日。生きてるだけで勉強。
何もせずに引きこもり続けていたとしても、それも勉強になる。何もしないで死ぬことが幸せかもしれない。
意味のないことは無いみたいな話で申し訳ないが、そう思えばそうなる。
なんでも良い。どんな本でも読んでみれば良い。つまらなければ無理に最後まで読む必要はない。
ブックオフに売ってしまえば良い。売らないで適当に部屋の隅に放っておいても良い。それが勉強なのです。

そんなわけねえんだよな、夏。

今週のお題「読書の夏」

-未分類

Copyright© genzai.info ゲンザイ.インフォ , 2020 All Rights Reserved.