社会

ハロウィーンは一番危険な日かもしれない

ハロウィーンの危険性

ハロウィーンは一番危険な日かもしれない

仮装してるから。

仮想すると仮装から火葬へ。

犯人は顔を隠して犯行に及ぶ。

犯罪の温床。

都会なんかは凄いらしい。

人が集まるだけでも危険。

将棋倒しで人が死ぬ。

テントで着替えるのも危険。

盗撮犯がいる。

強風が吹けばすぐに壊れる。

着替え中の無防備な状態で退避行動を取るのも難しい。

トイレで着替えるのも危険。

トイレのタイルで滑って転ぶ。

盛り上がっている人たちはいいとして、そうでない人間は精神的にダメージを受ける。

精神的ダメージは健康に悪い。

健康が悪化すれば最悪は死に至る。

とにかくトラブルは多い。

危険である。

周りが見えていない人間がぶつかってきたり、見えていない人間が逆に狙われたりする。

浮かれていると危険回避が出来ない。

家にいてもお菓子をせびりに来る人間がいる。

お菓子をあげないといたずらされる。

お菓子を上げるとお金がかかる。

経済的に困窮し、最悪の場合に生活が行き詰まり、死に至る。

ハロウィーンは危険だという印象が強い。

一番危険な日かもしれない。

こどもたちも大人も気を付けよう。

(追記)『こども110番の店・家』を知ってもらう地域の取り組みについて

ツイッターでも話題になったそうですが、「セーフティハロウィン」等と呼ばれる取り組みがあるそうです。
ハロウィンのイベントに合わせて子どもに『こども110番の店・家』を知ってもらうのが目的のようです。

参考リンク

千葉県鎌ヶ谷市「パンプキンツアー」
ハロウィンイベント×子ども110番の家 | 防犯まちづくりのヒントとガイド

東京都中野区「セイフティ・ハロウィン」
VoluntarNET --- ボランティア情報誌「ぼらんたーる」オフィシャル・ウェブサイト

-社会

Copyright© genzai.info ゲンザイ.インフォ , 2020 All Rights Reserved.