アフィリエイト 社会

AdSenseの入札単価を高めるためには、一体どうすればよいのかを一緒に考えましょう

AdSenseの入札単価を高めるためには、一体どうすればよいのかを一緒に考えましょう。

現在のアドセンスの入札単価(クリック単価)は安い

現在のAdSenseの入札単価が高いとは思えません。
これは、広告の効果が薄いために入札単価が低く抑えられていると考えて良いのでしょうか。
もしそうであれば、広告を掲載するメディアの問題ということです。

では、広告をより効果的にするために我々が出来ることは何でしょうか。

広告リンクへの不正な誘導をしないこと、誤ったクリックを無くすこと、そして何よりもコンテンツをユーザーにとって有用で、クリーンなイメージの物にすることだと考えました。

ユーザーに広告が鬱陶しいしと感じさせる配置もよろしくないとは思います。しかし、テレビ放送等では番組の流れを断ち切るようにしてコマーシャルが流れます。実際コレは「CMがウザイ」などの意見が多いですが、このフォーマット?が昔からずっと変わってない以上、それはある程度は許容されていると考えます。

CMとコンテンツを切り離さずに、ステマのように巧妙になっては許されないという風潮もあります。
考えれば考えるほど分からなくなってきます。

適切なラベリングで不正クリックを回避

まず、優先すべきことは広告リンクへの不正な誘導を無くすことです。これは、誤クリックを無くすことにも繋がります。その為には、まずは広告は「広告」であるということをユーザーに正しく伝えることが必要だと考えました。
これにはAdSenseのリンクの前に「広告」ラベルを貼ることで解決できると思います。

「スポンサードリンク」や「スポンサーリンク」では誤解される余地が残るため、「広告」と表示するのが最善かと考えました。
そして、AdSenseのリンク広告については標準で「Ads by Google」の表記がありますが、この「Ads」の意味もADVERTISEMENTS、つまり「広告」ではありますが、英語ではユーザーが理解しない可能性を考え、その他の広告に「Ads(広告)」とラベリングすることによって、Adsは「広告」であると示すことにしました。

リンク広告自体に更にラベルを付けるのは外見上美しくなく、広告主にとっての不利益となる可能性を踏まえ、更にリンク広告に関してはクリック後にワンクッション置いてリンク先のサイトを示した上でユーザーにその先へ進むのかの選択をする猶予があるために、そこまで過剰な注意喚起は不必要だと判断しました。

コンテンツを良くすれば、ユーザーは満足度が高まります。そして、良質なコンテンツに掲載される広告ならば、そのイメージも良くなると考えました。

広告自体が抱える問題

しかし、実際の所コンテンツが良くてもどうしようもない広告が表示されていたとすればどうでしょうか。これはもうどうしようもないという気がします。
AdSenseでは特定の広告のブロック機能もありますが、広告をブロックすると入札者が減り、結果的に入札単価も引き下げられる結果になります。そのためそのことは考えたくないのですが、どうでしょうか。
さて、テレビコマーシャルについても少し考えを書いておきたいと思います。そういえばテレビCMは何の予告もなく始まりますよね、まだ番組が続いているのかと勘違いすることもたまにあります。そう考えるとコンテンツと広告を過剰に切り離さなくても良いのかもしれません。

広告もコンテンツと比べて過剰に浮いてしまっていると不信感といいますか、ユーザーから見てあまりイメージが良くないと聞きます。これは広告主にとっての不利益ですので、なるべくコンテンツと馴染ませるのが良いのでしょうか。ちょっとパラドックスのような感じです。

長くなったのでここで終わります。次回があればよろしくお願い致します。

おまけ

Adsってなに?

advertisementsの略かと思われます。つまり広告のことです。

スポンサードリンクってなに?

sponsored linksの事です。つまり広告のことです。

スポンサーリンクってなに?

sponsored linksの誤った読み方だと思われますが、広告のことです。GoogleAdSenseの翻訳されたガイドラインによるとこちらの表記が推奨されています。

-アフィリエイト, 社会

Copyright© genzai.info ゲンザイ.インフォ , 2020 All Rights Reserved.