モノ・サービス 社会

AIロボット「Musio」家庭での英語学習に変革を起こすか?

2015年12月21日

AIロボット「Musio」はアメリカ及び韓国に拠点を置く AKA LLC の製品。
AKAは先月(11月)に日本法人を設立しており、「英語教育」を売りにして日本市場へ参入するようだ。



pc.watch.impress.co.jp
人工知能コミュニケーションロボットと紹介されている。

Musio のサイトでは既に事前予約を受け付けており、価格は通常価格から25%OFFの599ドルからで、配送は2016年6月を予定している。

themusio.com

Musio の用途は「英語学習」に限らず、SoftBankの「ペッパー」のようなスマートロボット的な役割も担う。海外のクラウドファンディングのサイトで10万ドルを調達しており、必ずしも日本市場専用の製品ではなく英語でのコミュニケーションを前提としている為に、その英語力は信頼性が高いと考えられる。

成長していく人工知能の「友達」として、家庭での子どもの英語学習には力強い味方となりそうだ。
言うなれば、英語のネイティブスピーカーが家族の一員になるようなもので、これまでの英会話学習とは一線を画した体験が得られるのではないか。

実用性はまだ未知数で、通常価格は約10万円と手軽と言うには難しい値段だ。しかし、Musio が良質のコミュニケーションや学習機会を与えてくれるとすれば、日常的に家庭で英語が自然に学べ、子どもに限らず大人であっても英語力の向上に非常に良い効果を生むと思われる。

技術の進歩は学習にも大きな変革をもたらす。
いずれはこういったツールが全家庭に行き渡り、環境に関わらず誰でも「生きた英語」「正しい英語」を学べる状況になるのも夢ではないのかもしれない。

-モノ・サービス, 社会

Copyright© genzai.info ゲンザイ.インフォ , 2020 All Rights Reserved.