ゲーム モノ・サービス

VR ZONEへ行って感じたVRの未来について

投稿日:2017年11月22日 更新日:

VR ZONEへ行って感じたVRの未来について話します。

まず家庭でOculus RiftやHTC VIvEを購入してゲームをやるというのは、日本の住宅事情なども考えると難しので主流にはなりそうもないと思います。
体を動かすのが危ないしね、周りが見えないと。
だから体を動かすVRゲームなどは、管理者や監視員のいるアミューズメント施設などがメインとなって、家庭でのVR使用用途は動画の視聴程度に留まるのではないだろうか。

クリエイティブな用途だとARゴーグルとかARグラスみたいなものの方が適しているだろうし、完全に視界がシャットアウト、シャットダウン?されるVRゴーグルは現状売れなくてもしょうがない。
ARとVRのハイブリッドな感じのが出たらまた分かりませんが、そういえばMRなんて言葉もありましたがよく分かってません。

と、こんな感じですね。
PCも買い揃えなくちゃいけない現状ではつらくて、OculusGoとか、GALAXYとかのGear VRで360度動画とか3D動画見つつ、たまに軽いアプリで空中浮遊とかそういう体験をするってのが今のVR何じゃないかな、そして未来もそんなには変わらないのでは。

体中で体感するのはアミューズメントパークの方が圧倒的に優れているわけだから、そっちで特化するしかないのでは。

うーん、結局よく分からんですが、そんな感じです。

-ゲーム, モノ・サービス

Copyright© genzai.info ゲンザイ.インフォ , 2019 All Rights Reserved.